オランダ最古の街、マーストリヒト(Maastricht)観光のおすすめスポット6選【オランダ観光】

こんにちは、オランダよりミズキ(@yMIZUKI8)です。

オランダ最古の街といわれる、マーストリヒトに行ってきたので、おすすめ観光スポットをご紹介します。

マーストリヒトは、ぼくの友人でオランダに30年近く在住されている日本人女性の方に超絶オススメされた街です!

その友人はマーストリヒトを「愛の街」と表現していましたが、実際に訪れると本当に雰囲気が素晴らしい街でした。

マーストリヒトはドイツとベルギーの国境近くに位置し、隣国の影響も受けているようで、オランダの他の都市とは違った印象がありました。

街にはフランス語が飛び交っており(ベルギーの影響)、ついオランダにいるのを忘れてしまうような街でしたよ。

マーストリヒトはオランダにいながら異国の雰囲気も味合える、とても魅力のある街でした。

オランダ観光のご参考になれば幸いです。

観光に便利なおすすめスポットを載せた地図や、おすすめのお土産屋さんも記載しているので、ぜひご活用ください^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

マーストリヒト概要

まずはマーストリヒトについて簡単にご紹介。

マーストリヒト(オランダ語: Maastricht, リンブルフ語: Mestreech)は、オランダ南東端部、リンブルフ州の基礎自治体(ヘメーンテ)である。州都であり、マース川沿いの河港都市。オランダ語では「マーストリフト」と発音される。
ドイツとベルギーの国境線にも近く、EU(ヨーロッパ連合)に関する条約であるマーストリヒト条約はこの基礎自治体で締結された。名前の由来は、ラテン語の「マース川の渡河地点」(Trajectum ad Mosam)であると言われている。

マーストリヒトはオランダで最も古い町であるといわれ、西暦98年にナイメーヘンがオランダで最初にローマ帝国から都市権を得るよりも500年前には、ケルト人が造った町が存在していた(なおマーストリヒトはローマ帝国から都市権を得ることは無かった)。

【Wikipediaより】

場所はオランダのこの辺りに位置します。

マーストリヒトまでの地図

みての通り、オランダの最南端に位置し、ドイツとベルギー国境近くに位置します。

アムステルダム駅からは電車(終点下車)で約2時間30分で行くことができます。

マーストリヒト駅

アムステルダムからの日帰り旅行も可能ですね。

まずは観光案内所に行ってみよう!
(VVV Maastricht)

まずは観光案内所のご紹介。旅の基本です!

s_観光案内所外観.JPG

観光案内所も、雰囲気のある建物です(変わった入り口です)。

中にはマーストリヒトの地図やツアーの案内がたくさん。

フレンドリーな店員さんに色々と聞いてみるのもいいかと思います。

s_街の地図.JPG
※街の観光地図(1.75ユーロ)。街の詳しい地図と観光スポット案内です。

各割引券などのお得情報もあります。

下記で紹介しているミッフィーショップの割引券もありましたよ(25ユーロ以上で10%オフ)。

s_ミッフィー割引.JPG

住所:Kleine Staat 1, 6211 ED Maastricht (※下記地図の⑦番の場所です。)
営業時間:【11-4月】(月-金曜)10-18時、(土曜)10-17時、(日曜)11-17時 【5-10月】(月ー土曜)10-18時、(日曜)11-17時 ※特定の祝日はお休み
HP:http://www.vvvmaastricht.nl/en/home.html (英語)

それでは、おすすめ観光スポット6選をどうぞー♪

①オランダ最古の教会、聖セルファース教会。
(Basiliek van Sient Servaas)

旧市街の中心に位置し、フライトホフ広場に立つロマネスク様式の教会です。

フライトホフ広場からみえる聖セルファース教会.jpg

※フライトホフ広場からみえる聖セルファース教会【www.holland.comより】

聖セルファース教会の外観.jpg

※教会外観【www.holland.comより】

s_教会内装.JPG

教会の中。

s_教会内装2.JPG

僕達が訪れた時は、ちょうどバイオリンとアコースティックギターと美しい生歌の演奏が行われていました。

教会の印象としては、女性的な美しく柔らかい教会でした。

s_教会内装3.JPG

とても癒やされる空間でした。

宝物館があります

s_宝物物館.JPG

同教会には宝物館があります。名前だけでワクワクします!

s_宝物1.JPG

金や宝石や象牙で作られた宝物の数々が展示されていました。

s_宝物2.JPG

11世紀~16世紀代の古い美術品です。

s_宝物3.JPG

とても歴史を感じられる、豪華な展示品の数々でした。

住所:Keizer Karelplein 3, 6211 TC Maastricht
開館時間:10-17時(日曜は12時30分に開館)
料金:教会は無料、宝物館は4ユーロ
HP:http://www.sintservaas.nl/english/index.html(英語あり)

②街のシンボル、聖母マリア教会
(Onze Lieve Vrouwe basiliek)

s_マリア教会外観.jpg

こちらは街のシンボルにもなっている聖母マリア教会。

聖母マリア教会(Onze-Lieve-Vrouwebasiliek)は、11世紀に建てられたローマカトリックの教会です。海の守護神でもある聖母マリア像が有名です。この聖母マリア像を拝むと、争い事が仲裁されるという言い伝えがあります

聖母マリア教会は、聖母マリア広場に位置しています。この広場は、オランダで最も美しい広場のひとつと言われています。広場周辺には、屋外テラスがあるカフェが並びます。

【www.holland.comより】

s_マリア教会中身.JPG

薄暗い教会でした。オランダでみてきた教会は開放的で明るい印象だったので、珍しい教会だと思いました。

また、オランダの教会の装飾は木が多い印象なので、石の装飾も珍しく感じました。

s_マリア教会中身2.JPG

薄暗い中にステンドグラスやロウソクの光がゆらめき、雰囲気がスゴくよかったです。

厳かな雰囲気で、個人的にとても好きな教会でした。

上記の① セルファース教会が女性的だとすると、こちらは男性的などっしりとした教会です。

個人的にここは非常にオススメです!

無料で入れます。

s_ロウソクに照らされるマリア像.JPG

ロウソクに照らされるマリア像。幻想的でした。

マリア様の表情がとても優しかったです。

s_地下のお土産屋さん.JPG

地下にお土産屋さんもありました。

s_聖母マリア広場.JPG

オランダで最も美しいと言われる聖母マリア広場が教会の目の前にあります。

こじんまりとした広場ですが、おしゃれなカフェに囲まれており、雰囲気がいいのでこちらもオススメです。

s_聖母マリア広場2.jpg

夜の広場の様子。温かみのある雰囲気でした。

住所:Onze Lieve Vrouweplein 7, 6211 HD Maastricht
開館時間: 8時:30分~17時(毎日)
料金:無料
HP:http://www.sterre-der-zee.nl/ (オランダ語)

③古い水車があるベーカリーカフェ、ビショップモーレン(Bisschopsmolen)

s_パン屋の外観.JPG

ここは有名なパン屋さん。ランチなどにオススメです。

地元の食材を使い、昔ながらの製法に基づきパンを作っています。

s_水車1.jpg

店の裏の水車。オランダでもとても歴史のある古い水車のようです。

s_水車2.JPG

水車で粉をひいている様子も見学できますよ。歴史を感じます!

s_パン屋の内装.JPG

こちらが店内の様子。白い壁に木をメインにした内装で、落ち着く雰囲気でした。

ちょうどお昼時だったので人が多く、5分程待ちました。そのくらい人気なんですね。

s_パン屋のメニュー.JPG

メニューはオランダ語、英語、ドイツ語、フランス語に対応。英語メニューがあるのは嬉しいです!

またメニューにはグルテンフリーの商品もあるので、グルテンアレルギーの方もこれます。

お値段もお手頃で、ボリュームもあり、大変オススメです。

s_ランチ1.jpg
バゲットのサンドイッチ(5.95ユーロ)。メニューによると、これはヨーロッパのパン選手権で1位を獲得したフランスパンのようですよ!

s_ランチ2.JPG

チキンと野菜のラップ(6.5ユーロ)。野菜たっぷりな上にパルメザンチーズがかかっていて、美味しかったです。

ここは特に、バゲット(フランスパン)がものすごく美味しかったのでオススメです。

店員さんもハキハキと親切なところも好印象でした。

s_パン屋の様子.JPG

また、レストランの横にはパン屋があり、作りたての美味しいパンが買えます。

バゲットが美味しかったので自宅用に買いました。

住所: Stenenbrug 3 , 6211 HP Maastricht
営業時間:(火曜-土曜)9-18時、(日曜)10-17時
定休日:月曜
HP:http://www.bisschopsmolen.nl/ (オランダ語)
※Wi-Fiももちろん完備していますよ。

④13~16世紀に造られた「城壁」と「地獄の門」
(Onze Lieve Vrouwewal)

s_城壁1.JPG

マーストリヒト旧市街南部には、かつて街を外敵から守っていた城壁がところどころに残っています。

s_城壁2.JPG

この13~16世紀に造られた城壁は、歴史を感じさせてくれました。

s_地獄の門1.JPG

また、城壁沿いに「地獄の門」と呼ばれる門があります。

13世紀に建てられたオランダでもかなり古い城塞の門。中世にこの門からペスト患者を追い出して、門外のペストハウスに収容したことから「地獄門」と呼ばれている。現在は、街の歴史を紹介する博物館に。

【JTBより】

s_地獄の門2.JPG

今は歴史的建造物として多くの観光客が訪れていますが、当時はペストの流行もあり、地獄のように恐れられていたんですね。

住所: St. Bernardusstraat 24b , Maastricht
博物館の営業時間: イースターサンデー~秋季ホリデー期間の13時~16時30分のみ※地獄の門はいつでもみれます。
料金:無料
HP:http://www.vvvmaastricht.nl/dagje_uit/helpoort.html (オランダ語)

⑤世界一美しい本屋さん!ブックハンデル・ドミニカーネン(Boekhandel Dominicanen)

s_本屋外観1.JPG

こちらマーストリヒト観光でも、特におすすめのスポットです。

外観からはまったく本屋さんには見えませんが、本屋なんです!

s_本屋内装1.JPG

なんと英国ガーディアン紙より「世界一美しい本屋」に選ばれた本屋だそうです。

世界一です!

700年以上前に建てられた教会を利用して造られた本屋のようです。

s_本屋内装2.JPG

本屋とは思えないくらい素晴らしい雰囲気でした!

ここもぜひ訪れて頂きたいです!雰囲気が抜群ですよ。

基本はオランダ語の本が置いてありますが、一部英語の本も置いてありました。

s_クリスマス商品.JPG

十一月だったのでクリスマス関連の商品も多かったです。

素敵なお土産も見つかるかもしれませんね。

s_本屋のカフェ.JPG

また、なんと本屋内にカフェがあります。

ここももちろん雰囲気が最高です。

観光途中の休憩にもいいですね。

ただ、訪れたのが土曜日だということもあるのか、やや人は多い印象でした。

住所:Dominicanerkerkstraat 1 , 6211CZ Maastricht
営業時間:(月曜)10-18時、(火曜-土曜)9-18時※木曜のみ21時まで、(日曜)12-18時 ※一部祝日はお休み
HP:https://www.libris.nl/dominicanen (オランダ語)

⑥オランダに2店舗しかない!ミッフィー専門ショップ(De Winkel van Nijntje)

s_ミッフィーショップの外観.JPG

ここはオランダに2店舗しかないミッフィー専門ショップです(もう1店舗はアムステルダム)。

ミッフィーはオランダで生まれた誰もが知っているキャラクターですね。

ちなみに本場オランダではミッフィーのことをナインチェと呼び、本名は「ナインチェ・プラウス(Nijntje Pluis)」といいますー。

s_ミッフィーショップ.JPG

オランダらしい衣装を来たミッフィーの人形など沢山のミッフィーグッズが置いてありました。

お店自体は意外に小さかったですが、ミッフィーマニアの方やオランダのお土産のをお探し方にオススメしたいお店です。

住所:Kesselskade 51 , 6211 EN Maastricht
電話番号:043 – 3260326
営業時間:(月曜)12-18時、(火-金曜)10-18時 ※木曜は20時まで、(土曜)10-17時、(日曜)12-17時
HP:http://www.dewinkelvannijntje.nl/ (オランダ語)

美食の街マーストリヒト

マーストリヒトは美食の街としても有名です。

街をあるいているとミシュランガイド掲載店を沢山見つけることができました!

なので、美味しい料理を求めてのマーストリヒト観光もオススメです♪

s_レストランにて.JPG

ふらっと立ち寄ったレストランにて夕食。とても雰囲気がよく賑わってました。

そして、ベルギーやドイツに近いだけにビールの種類が豊富で美味しい!

ベルギービールをいただきました。

おしゃれなお店や街並みも十分な魅力!

s_街並み1.JPG

マーストリヒトは歩いているだけでも楽しい街でした。

街の至る所におしゃれなお店や街並みが広がっていましたよ。

妻がいつも以上に「かわいい!」「かわいい!」を連発していましたw

s_街並み2.JPG

特に女性には響く街なんでしょうね。

さすが、愛の街(友人談)!!

s_街並み3.JPG

また、街には沢山のブランド店もあり、ショッピングにもいい街だと思います。

マーストリヒトのおすすめお土産屋さん

最後にマーストリヒトのおすすめのお土産屋さんを紹介。

1878年創業のコーヒー&紅茶ショップ(Blanche Dael)

コーヒーショップ外観.jpg
【www.vvvmaastricht.nl/より】

ここは1878年にマーストリヒトにて創業のコーヒー豆&紅茶屋さんです。

沢山の種類のコヒーや紅茶があるので、好きな香りや種類を選ぶのも楽しいかもですよ。

コーヒー種類.jpg

【www.blanchedael.nl/より】

パッケージやお店のオリジナルアイテムなどもオシャレでした!

伝統のあるお店の素敵なお土産はいかがでしょうか。

住所:Wolfstraat 28 , 6211 GN Maastricht
営業時間:(月曜)13-18時、(火-金曜)9時30分-18時※木曜は21時まで、(土曜)9時30分-17時30分、(日曜)12時-17時
HP:http://www.blanchedael.nl/ (オランダ語)

まとめ

以上、マーストリヒトのおすすめ観光スポットのご紹介でした。

様々な文化の交じる街、歴史を感じられる街、美食の街、そして愛の街であるマーストリヒト、とってもおすすめです!

下記、おすすめスポットを地図にプロットしましたので、旅の参考にしてください。

マーストリヒト観光マップ 編集2.png

それでは、ご覧頂きありがとうございました。

オランダよりミズキ(@yMIZUKI8)でした^^

オランダ観光といえば、チーズ市で有名なアルクマールもオススメですよー。

(参考:オランダのアルクマール観光をおすすめする5つの理由(Alkmaar)

<お問い合わせ>

-----
◆本ブログをご覧頂きありがとうございます。お問い合わせやお仕事のご依頼はこちらよりお願いします。

◆オランダ農業視察のお手伝いをさせて頂きます!詳しくはこちらをご覧ください。

まずはFacebookで「つながる」↓
オランダ最古の街、マーストリヒト(Maastricht)観光のおすすめスポット6選【オランダ観光】
この記事をお届けした
「オランダ農業とつながる」の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
Twitterでフォローして「つながる」↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

友達や知り合いにシェアしたい!

このブログをフォローして新着記事を受け取りたい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告