オランダのアルクマール観光をおすすめする5つの理由(Alkmaar)

オランダのアルクマール(Alkmaar)という町に行ってきました!
とても素敵なところだったので、アルクマールをおすすめする5つの理由を紹介します!

以前Airbnbで泊まったオランダ人の現地ホストからも勧められたイチオシの町です!
旅行でオランダに来る方や、オランダ在住の方にもおすすめしますよー

まずは簡単に、アルクマール概要を。

アルクマール(Alkmaar)はオランダの都市。北ホラント州に属する。人口は約9万4千人(2005年)。
家畜、乳製品、穀物の集散地としての役割を果たすほか、教会オルガンの生産地としても知られる。かつては、帆船の帆布生産も盛んであった。また、寒冷期を除いては、毎週チーズ市が開催されることでも有名である。
近隣の都市としては、約30キロ南にハールレム、30キロ南東にアムステルダムが位置している。
(Wikipedia)

そして地図でみるとここらへん。

アムステルダムからアルクマール
アムステルダムから電車で30~40分の位置です。
気軽にいける距離ですね!

では、オススメの理由5つです~。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1. これを見らずにオランダは語れない!伝統的なチーズ市

これはアルクマールの目玉です!!アルクマールの「チーズ市」
ぼくたちもこのチーズ市を目当てにやってきました。

ちょうどぼくも1つ前のブログでオランダの酪農について調べたばかりでしたし、
ナイスなタイミングでしたw

s_アルクマールチーズ市1

s_アルクマールチーズ市場2

ここはアルクマールの町の中心にある広場。
観光客向けに伝統的なオランダのチーズ市場を再現しているところです。
ぼくたちが着いた時間は11時過ぎだったのですが、すでに沢山の人がいました!

s_アルクマールチーズ市3

伝統的な衣装を来たオランダ人がチーズをせっせと運んでましたー!
なんか、ほのぼのした様子でした^^

昔のオランダの雰囲気が味わえるのはとてもいいでした!
途中でオランダ語と英語の説明もあるので、色々勉強になりました。
希望すれば、チーズ運び体験などもできるようですよ♪

また、チーズ市場の周りには出店が沢山並んでいました。

s_アルクマールチーズ市場出店の様子

せっかくなので、ぼくたちは出店でランチにしました。

・チーズサンドイッチ(3ユーロ)

s_チーズサンドイッチ1

s_チーズサンドイッチ2

焼きたてチーズを焼いたチーズに挟んだシンプルなサンドイッチですが、
チーズがとろとろで美味しかったですー。

・ハーリングのサンドイッチ(3ユーロ)
ハーリングのサンドイッチ
(美味しすぎて写真忘れたので、イメージですみません!)

ぼくたちが大好きな(おそらくほとんどの日本人は好き!)、ニシンの塩漬けです。
ハーリングの塩辛い感じとパンの甘みがとてもいいです!
これは日本人には絶対オススメです!

s_アルクマール市場の出店で売っていたチーズ板
また、チーズを載せたり、サラミなどをのせるオシャレなオークの板(10ユーロ)を買いました。

これにはアルクマールの刻印がありオシャレなので、お土産にオススメです!
色々使えるとおもいますよー。ぼくの奥さんも大喜びでした!

★アルクマールチーズ市の開催日時:
4月初旬~9月初旬までの約5ヶ月間、毎週金曜日の朝10時~12時半まで
詳細はこちらのサイトにて

★駅からのアクセス:
駅からはこんな感じの「FOLLOW THE CHEESE」(「チーズについてきて!」)の看板が要所要所にあるのでw、このかわいい看板を目印に歩いていけば迷わず市場にいけますよー!

s_follow the cheese
これはナイス!!

※注:チーズ市の開催は時期やタイミングが決まっているので気をつけてください!

また、アルクマールに向かう電車からは沢山の牛さんがみえましたw
まさに!チーズの産地に近づいていく感じがよかったですよw
s_電車からの牛

2. チーズの歴史がとっても分かりやすい!チーズ博物館

s_チーズ博物館外観

チーズ市場のとなりに、とっても雰囲気のある建物があります。
(上の広場の写真でも写っている建物です)
ここは以前はチーズ市場の倉庫として使われていたそうですが、
現在はチーズ博物館になっています。

s_チーズ博物館なか
s_チーズ博物館なか2

ここでは、オランダでのチーズ作りの歴史や、チーズ作りの工程がわかります。
色々な展示や映像もあるので、子供から大人まで楽しめる施設だと思います!

また、この大変な歴史ある建物に入るだけでも価値があると思います!
昔ながらの造りが伺え、とても雰囲気がいいです!

s_チーズ博物館建物

★アクセス:アルクマールチーズ市の広場のとなり
★入場料:大人4ユーロ、4~12才は2ユーロ、3才以下無料
★オープン時間:【3~10月】月~土曜日10~16時(※日曜は13~15:30時)、
【11~2月】土曜日のみ10~16時

3. とっても雰囲気のいい教会がある

s_教会外観
ここは、St. Laurenskerk(聖ラウレンス教会)という教会です。
駅から歩いて、町に入ってすぐのところに見えてきます。

s_教会中1

s_教会中2
とても素敵な教会でした!!
ここでは結婚式なども行わわれるようです。

さすがアルクマールは教会オルガンの生産地、この教会のオルガンも大きく、また繊細な装飾が施されていました。とても見応えありました!!

s_教会カフェ
また、教会内にはカフェもあり、とっても雰囲気がいいので、オススメ。
教会でのんびりコーヒーが飲めるなんて素敵すぎではないでしょうか!

教会は基本的にどこも無料で入れるのも嬉しいところです。

ぼくたちもオランダで数カ所教会に行きましたが、ここが今のところ1番気に入りました♪
いい意味でごちゃごちゃしていなく、シンプルな教会でした♪♪
アルクマールに来たら、絶対訪れて頂きたいスポットです^^

★オープン時間:夏期(冬は閉まっているようです)

4. これぞ、THE・オランダ!風車が見れる

s_アルクマールの風車
やはりオランダといえばこれですね!!ハズせません!
オランダは、観光名所や至る所に風車があります。

アルクマールの風車は、町の中心から歩いてすぐに行ける距離にあって、
観光用に綺麗に整備されており、ちょうどいいサイズの風車でした!

他の街ではすこし町から歩いていく風車もあるので、
アルクマールの風車はお手軽にいける感じがよかったです。

今日は風も強く、ビュンビュン回ってましたw
そばの川沿いに芝生が広がっていて、すこし腰を下ろせるので小休憩にもオススメです!!

5. 歩くだけでも価値がある!なんと399箇所の国家遺産の街並み

最後は、なんといってもこのアルクマールの街並みです!

こんな街路とか。

s_アルクマールの街並み1

こんな古い建物とか。

s_アルクマールの街並み2

こんな落ち着きのある通りとか。

s_アルクマールの街並み3

Wikipedia(英語)によると、なんと399の国家遺産がある街のようです。
町のいたるところに、雰囲気のあり、歴史を感じる町並みが残っていました!

狭い路地にも沢山のお店などが並んでいて、とても雰囲気がよかったです。
チーズのお店も沢山ありました。

s_アルクマールの街並み4

アルクマールの街歩き、オススメです!!

雰囲気がもう最高にいいです!!いたるところにザ・オランダの景色がありました!

これは実際に行かないと味わえない雰囲気だと思います!

ぜひ足を運んでみてくださいね!

s_アルクマールの街並み5
(チーズ市が終わった広場は一瞬にして広々としたオープンカフェに♪)

その他のオススメ(番外編)

ぼくたちは訪れなかったですが、アルクマールには下記のような観光スポットもあるようです!

ビートルズ博物館

これは意外に知られてないかも?ですが、
ここアルクマールではビートルズ博物館もあるようです。

ビートルズはイギリスはリバプール出身なのに、なんで?って思ったのですが。
なんでも大スタージョンレノンの「最初のギター」がここアルクマール製のようです!
なんか、結構むりやりこじつけて美術館作った感じですねww

でも。ビートルズファンにとってはここは隠れた聖地の一つかもしれません^^
詳細はこちらのリンクへ

ビール博物館

s_ビール博物館外観
ビール美術館。ビーズ好きにはたまらないかも。。
僕たちは外観のみでした。チーズ市場の近くにありましたよー。

かわいいオランダ人とキスできる!?

s_キス銅像

こんなサービス(銅像です!)もありますw

色々な観光スポット行ってみてくださいね。


以上、アルクマールに観光をオススメする5つの理由でしたー!
みなさん、オランダに来たらぜひ訪れてみてくださいね!

それでは、オランダよりミズキでした!
ご覧頂きありがとうございました^^


PS:今日のデキゴト

チーズ市ではチーズの販売もしてました!
チーズが4つとネズミの人形で10ユーロのセット。
お店ではチーズ1つ4~5ユーロくらいの相場で売っていたのでお得だと思いますよー。

試食したら激ウマだったので、迷わず購入です!

s_チーズセット

こんな伝統的な服装の売り子さんが売ってましたよ~

s_チーズ売り
ちゃんと木靴はいてましたw

ではでは。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告